Toujours vers l’est

Olivier par damik●

東に向かって歩く

ひょんな事から知り合ったボルドー在住の作家Olivier BLEYS。
小説、エッセイ、漫画(Bande Dessinée)など現在30冊近くの本を出版している。
そんな彼の2010年からのプロジェクトが世界冒険紀行。毎年一ヶ月間、地球を東に向かって歩きつづけ世界一周を目指す、その冒険談を本にしていくというもの。
2010年パリを起点に開始、一ヶ月間東に向かって歩いた後ボルドーに戻り執筆活動、一年後に前年の最終地点から歩行を開始する。
世界一周の行程を一片一片に分けて歩く、何十年後かにその一片一片が繋ぎ合わされ世界一周になるというもの。
季節も選べ、荷物も最小限で良い、中年でも無理なく世界旅行が出来るという点は何とも賢い方法だ。
6年経った今彼はロシアの山中を歩いている。
今時人懐っこいロシアの熊と出会い、ロシア熊について執筆中?なんてちょっと彼の事を考えた。
彼が日本に辿り着く日はあと何年後だろう。

過去5年間の冒険談「L’Art de la marche」は今年の5月に出版されたばかり。

http://damiko.fr

 

広告