Chocolat chaud

Chocolat Chaud copie

春が近づいているとは言え、まだまだ寒い日が続いています。
朝はあちこちに霜柱、肌に突き刺さるような冷たい空気、そして一日中グレーの空。
あ~憂鬱。そんなとき僕たち家族にひと時の幸せをもたらしてくれるのがChocolat chaudーホットチョコレート。冬の街を散歩してカフェに入った時、外出から家に戻った時、冷えきった身体を優しく温め、程よい甘さがほっと安らぎを感じさせてくれる。その場全体がぽあんと温かくなり、急に時間がゆっくり流れ出す。家族で飲むChocolat chaud,この幸福感は一体なんだろう。
妻曰く、こたつでみかんを食べる幸せ。僕にはまだいまいちわからないけど。
何がともあれカフェ派の僕も冬はChocolat chaud。冬に幸せな気分にしてくれる魔法の飲み物!

ne jamais les oublier

damik●

パリの新聞社「Charlie Hebdo」の本社銃撃テロ事件に関して。
「Charlie Hebdo」は週1回発行される新聞で、時事問題を風刺をきかせた漫画や記事で伝えることで知られている。自由を尊ぶフランスだからこそ、そのユーモアや皮肉もインテリジェンスとして受け入れられて来た。

僕はこのページで政治的な意見を言う事はほとんどない、でも今日はせめてこの言葉だけでもメッセージとして皆さんに伝えたい。
「ne jamais les oublier」- 彼らを決して忘れないで
実は新聞社「Charlie Hebdo」の犠牲者の多くはフランスを代表するイラストレーター達。彼らの風刺画は決して過激的なものでもないし、ある宗教やイデオロギーだけをターゲットとしているものでもない。表現の自由のもとユーモアを模索する鉛筆と紙の表現者、知性溢れる優しいおじさん達だ。
僕が小さい頃から好きだったイラストレーターCabuだって、僕からしたら親しみやすい優しいお父さん。そんな彼らが言論の自由を無視した暴力によって、いとも容易く今朝命を奪われた。

自由は法律によって認められ、暴力によって阻止されるものではない。
カルチャーを殺してはならない。
文化を愛する多くのフランス国民と共に僕は深い哀悼の意を示します。

Bonne Année

UCHIWA 2015 damik●

MEILLEURS VOEUX 2015
明けましておめでとうございます。

皆様それぞれあたらしい夢と希望を持って新年を迎えた事と思います。それらが出来るだけ現実に近づける一年にしたいですね。
2015年日本は未年ですが、僕はあえて大好きな鯉の絵を。池の中を自由奔放に泳ぎ回る鯉、日本滞在中に僕が一番気に入っていた早朝のスペクタークル。あの静けさの中人生の美しさを垣間みていた瞬間。

皆様にとって素晴らしい一年でありますように。
今年もよろしくお願い致します。
damik●

Nous allons traverser cette année avec nos peurs et nos doutes, nos espoirs et nos rêves, et cette réalité qui finit toujours par nous rattraper.

Au Japon c’est l’année du mouton, mais les carpes Koi restent pour moi les animaux les plus sages qui soient. Elles naviguent dans les étangs avec désinvolture – sauf en Alsace bien sûr où elles risquent une fin très Tempura – . C’est ce spectacle que je vous offre comme un clin d’oeil, microméditation sur l’intérêt de se lever tôt le matin pour admirer la vie.

Excellente année à tous !
damik●