DUPON DE BORDEAUX ボルドーのデュポン

いよいよdamik●の原画がインターネットで購入できるTRACK STORE
がオープン致しました。
パリでボルドーでdamik●が散歩しながら描きためてきたスケッチ集から、住む街や通うカフェの音が自然と響いてくるような作品が26点セレクトされています。
同時にポストカードの販売も開始しました。
皆様どうぞご利用ください。

Dupont_Dupond

TRACK STORE  品番D2013014 – DUPON DE BORDEAUX ボルドーのデュポン

皆さんTINTIN をご存知ですか?
ベルギーの漫画家エルジェによって描かれたBD(Bande Dessinée = こま割り漫画)、Les Aventures de Tintin タンタンの冒険旅行の主人公の名前。
このBD、世界中で翻訳され愛読され続けている不朽の名作、フランスでは大人も子供もとっても大好き、もちろんdamik●もこの本を通過せずには大人にならなかった。

主な登場人物はベルギー人の新聞記者タンタンと相棒の白い犬スノーウィー、ハドック船長、そしてデュポンとデュポン。
デュポンとデュポン?
以下ウィキペディアより抜粋

双子でもなく、親戚でもないのに顔も名前もそっくりなインターポール(ICPO) の刑事。黒いスーツと山高帽、ステッキというおそろいのファッション。2人の見分け方はヒゲにあり、ヒゲの両端が跳ね上がっているのがデュポンで、垂れ下がっているのがデュボンである。職務に忠実ではあるのだがいつもドジばかり。

damik●のキーホルダーとして長年活躍してくれたデュポンとデュポンのフィギュア。
いつの間にやら一人いなくなっちゃったもので、僕の鍵にはデュポンが一人!
漫画ではあり得ない一人のデュポン。しかもどっちだろう?手がかりのヒゲも消えちゃった。
ちなみにフランスでは容姿やスタイルが似ている2人をデュポン.デュポンなんて形容する事も。

米 この絵にはホワイトゴールドが使用されています。

12  DUPON DE BORDEAUX

Facebook illustrator damik● 更新しました。

広告

Les glaces de Sandra

GLACE 2

Les glaces de Sandra – サンドラのアイス

ボルドーは毎日30度を越す厳しい夏を迎えています。
そして何と言っても暑いのの苦手なdamik●、夕方18時までさんさんと照りつけるフランス南西部の太陽にはもうヘロヘロ。damik●溶けてしまいそうです。

‘溶ける’にかけてこの季節欠かせないもの、それはアイスクリーム!
今日はボルドーで一番美味しいアイス屋さんと評判のFROZEN PALACE をご紹介。
もちろんdamik●ファミリーもみんな大好き。
オーナーは10年前オランダ, アムステルダムからやってきたSandra Van Tongerlooさん。当時まだ世界遺産にも登録されていなかったボルドーにはアイスクリーム屋はハーゲンダッツのみ。以前からパティスリーに興味があった事、季節限定の仕事をしたかった事等の理由から市内にアイス屋さんを開業。
24種類に及ぶフレーバーは一人で手作り、原料すべてその週、その日の新鮮な野菜や果物。食品加工された物は一切使わず、一つ一つ丁寧に時間をかけて作る。よって開店は午後3時。
彼女が得意とするフレーバーは marier le parfum , 2種類の違った味の組み合わせ。
フランボワーズとベルベンヌ、トマトとキャロット、お米とミルク(フランスのデザート Riz au lait から)など、手作りならではの絶妙で品の良いハーモニーが決め手。
もちろん定番ショコラにバニラ、ストロベリーは固定ファンの多い事。
今では本を出版するまでに好評となったSandraのアイス、もし夏にボルドーに遊びにくる事があったらぜひ FROZEN PALACE に足を運んでみてくださいな。
damik●のオススメスポットです。

FROZEN PALACE
28 Rue du Chai des Farines, 33000 Bordeaux
TEL : 06 18 24 44 66
営業時間 15:00 – 22:30
月曜店休

GLACE 1
サンドラのアイス販売台車

frozen palace
Forozen Place 正面入り口

glaces_et_sorbets_de_sandra_van_tongerloo
サンドラのレシピ本 
「 Glaces et SORBETS 」
Sud Ouest出版

Facebook illustrator damik● 更新しました。

Nos meilleurs moments

mon meilleur moment

Nos meilleurs moments – 僕らの一番すてきな瞬間

お陰様で大成功に終わった2013年春のdamik●展。
実は展示しきれなかった作品が結構あったのです。
例えば「 Nos meilleurs moments 」- 僕らの一番すてきな瞬間
午後4時半過ぎ、こんな時間から一杯はじめちゃうフランス人
日々忙しく几帳面でまじめな日本人にはちょっとミステリー
でもdamik●は思う。例えば前々から予約を入れていたお食事会や、ずっと前から予定されていたイベントよりも、ちょっとしたタイミングにふとカフェで一息つく瞬間や誰にも邪魔されないで何か好きな事を考える瞬間、そんなシンプルで素朴に過ぎる時間が実は僕らの一番すてきな瞬間じゃないかって。
そんな小さな喜びは人生を少しずつ豊かにしてくれる大事な時間。

2013年春のdamik●展、非展示の作品はブログやFacebookでは既に公開済みだった作品から、「 Nos meilleurs moments 」の様なこの個展の為に新しく描いた作品までその数20点以上。
これらの原画とイラストレータdamik●のポストカードをネットにて購入いただけるよう、(株)TRACKではただいまTRACK STOREを準備中です。
原画はこちらの木製の額に額装してお届け致します。
TRACK STORE スタート次第改めてお知らせ致します。

580238_653541368008151_337714395_n

Facebook illustrator damik● 更新しました。

5:00 Le Crépuscule

5:00 Le Crépuscule – 朝5時の暗がり

Tout est sombre, tout est ombre.
On voit se dessiner alors dans les feuillages,
une faune étrange, inquiétante parfois.
A l’heure où le monde dort encore,
le silence et la nuit finissante
Loups Garous à volonté !

すべてが暗くて、すべてが陰
木々の葉たちが何かの形を作っているみたい
なんだか怪しい動物だったりして、ふと不安になる
この時間多くの人はまだ寝ている
この静寂の中、夜が明けていく
ルーガルーがあちこちにいる!

– damik●アトリエにて- ガラス戸を通した外の様子を見ながら

※ Loups Garous – ルーガルー
狼男
恐ろしい程強くて危険な獣
フランスでは恐怖の存在の代名詞
とりわけ子供達にとっては深夜の恐怖、親に置いてかれる恐怖、意地悪な魔法使いの恐怖等々
または日本の鬼のような悪者のシンボル

LE CREPUSCULE blog

Facebook illustrator damik● 更新しました。

Expression française – se refaire la cerise

フランス語表現 – se refaire la cerise

さくらんぼの季節がまだまだ続いています。
マルシェでは平均1kg4ユーロ、日本円で520円。
甘くて美味しいさくらんぼの大好きなdamik●ファミリー、毎回1kg購入しては帰り道からもぐもぐ開始。
その後も朝食に、おやつに、デザートに、そしてワインのお供にと大活躍。

そんなさくらんぼにちなんだ口語表現がこれ。
‘ se refaire la cerise ’
直訳は さくらんぼを取り戻す。
転じて体力、健康を回復する、顔色が再び良くなる といった意味。

もともと体調が良くなかった訳ではないが、今年こんなにさくらんぼを食べているdamik●ファミリー、それは元気一杯!顔色は……赤?

damiko se refaire la cerise

Facebook illustrator damik● 更新しました。