Perrier ペリエ

Série marques françaises.
最近フランスブランドのデッサンに興味があります。

フランスには日本人にもお馴染みのブランド商品がたくさんあります。
その中でも飲み物の瓶、香水瓶、メイクアップ製品などはとりわけ面白い。何故って形、色, ロゴ等のテーマにおいて消費者の目を楽しませてくれるから。
それはブランドアイデンティティー(ブランド戦略)がしっかり研究されている証拠だと思う。
形やロゴを見ただけであっあのブランドって消費者に認知させてしまうし、さらには味や香りまで伝えてしまう事だってある。
ただの炭酸水もペリエの瓶に入っているだけで何故だかおいしい。カフェで炭酸水を飲んでいるだけなのにあの緑の瓶に入っていると何故だかおしゃれ?

Perrier

Facebook illustrator damik● 更新しました。

広告

Perrier ペリエ」への2件のフィードバック

  1. おはようございます!

    おっしゃる通り、ペリエのビンを見ると、特別な存在感、絶対な美味しさ(品質)を感じます。
    やはり、長年の伝統に裏付けられた、ブランドの信頼感があるのでしょうね。
    かつて、日本ではまだペットボトルの水を買うと言う習慣が無かった頃(20年以上前のことです)、ペリエの炭酸水は超高級で、庶民には手の届かない存在で、憧れの存在でした(^o^)/

    • そういう理由もあってローランギャロスのスポンサーは昔からペリエなんです。エレガンス、品質、ヘルシー、まさにソーダー
      とは全く逆のイメージが好印象を与えているのでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中